不動産投資信託の魅力を知ろう|安定した収入で生活ができる

集合住宅

安定収入が見込める商品

マンション

不動産投資信託の特徴は、利回りが高いことです。配当利回りが3%程度となっている商品も多くあり、預金などより有利です。不動産投資信託は少額での投資が可能となっており、個人でもリスクを抑えながら安定配当を受け取ることが可能です。

詳しく読む

鉄道会社がスポンサーです

お知らせ

上場不動産投資信託の中には運用会社のスポンサーが大手鉄道会社の銘柄もあります。鉄道会社が開発する優良資産を取り込んで資産残高を増やしています。今後の取得予定物件や優先交渉権が付いているものを確認しておきましょう。

詳しく読む

エリア分散を考えよう

住宅街

上場不動産投資信託を活用してエリアの分散を図りましょう。中古ワンルームマンション等の実物不動産に投資をしている場合には、保有不動産と異なるエリアに投資をしている上場不動産投資信託を選んでみると良いです。

詳しく読む

魅力は保有資産です

お札

優良資産で運用できます

中古ワンルームマンションや1棟アパートでの不動産投資よりも安定した収入を得られる方法があります。それは上場不動産投資信託を保有することです。上場不動産投資信託であれば、複数の収益物件に投資をしているため、リスクの分散がしっかりとできており、しかも不動産投資のプロが管理運営してくれています。保有している収益物件は都市部の一等地に構えているものもあります。個人が投資をする収益物件に比べれば、はるかに優良な収益物件であり、また、入居者もオフィスビルであれば一流企業や大手企業、マンションであれば富裕層であるケースも多々あります。上場不動産投資信託に投資をすれば、このような優良な資産での運用を手間をかけずにできるわけです。

スポンサーを意識しよう

特にスポンサーとの関係に注目をしておきましょう。スポンサーとは上場不動産投資信託を運営する資産運用会社の株主であり、不動産投資信託の立ち上げを主導する企業です。上場不動産投資信託が継続的に成長していくにはスポンサーの力が欠かせません。どのような企業がスポンサーに付いているか、ということがとても重要なのです。スポンサーには大手鉄道会社や大手ディベロッパーなど一流企業が名前を連ねている銘柄もあります。スポンサーが鉄道会社であれば、沿線開発と絡めた物件取得を行なったりします。また、大手ディベロッパーであれば、そのディベロッパーが開発した大型物件の一部もしくは全部を取得したりして保有資産の積み増しを行っています。